HOME育毛剤の効果育毛剤の使い方育毛剤の効果を最大限に引き出す方法育毛剤と頭皮の血行

育毛剤の効果って本当にあるの?


1、医薬品の育毛剤

医薬品であるAGA治療薬は医薬品部外品とは違い、医療機関で診察してもらい、処方してもらわなければ 手に入れることができないようになっています。
そもそも医薬品とは成分内容はもちろんのこと、使用する分量に対しても、しっかりと定められており 厚生労働省により、効果や副作用についても認められているものです。
なお、薬事法でもこの医薬品と医薬部外品の違いはしっかりと定められています。

化粧品などを購入することができるドラッグストアなどで手軽に入手することができるものは 医薬品ではなく医薬部外品であり、有効成分が配合されてはいるものの、医薬品であるAGA治療薬などよりも 副作用が気になりにくいアイテムであるということができます。
また、医薬品としての育毛剤の種類自体はそこまで多く存在しないようです。

より医薬品の方が効果が期待できるようですが、だからこそきちんと正しい分量を使用するなど、その分副作用に対しても きちんと配慮して使用する必要があります。
ちなみに、このように薬事法では医薬品・医薬部外品・化粧品と3つに分けることができるのですが、 化粧品は清潔に状態を保つ目的をもって使用するものを指すので、この部分からあまりも外れたいわゆる 「改善効果」について触れてしまうのはNGなようです。


2、医薬部外品の育毛剤

医薬部外品の育毛剤は手軽にドラッグストアやネットでの通販で購入することができます。
有効成分が入っていることから改善を目指すことができはするものの医薬品よりも高い効果がどちらかというと 得られるというわけではないようです。
この医薬品と医薬部外品については、薬事法でも医薬部外品の人体に対しての緩和さはしっかりと定義されて いるようですね。

ちなみに医薬部外品と呼ばれているアイテムは、厚生労働省認可がなされたことにより、初めて「医薬部外品」と呼ぶことが できるのだそうです。
また、それだけではなく指定成分も指定されており、その指定成分をしっかりと表示するように義務付けられています。
特にAGA治療薬などの医薬品とは違い、あくまで医薬部外品なのですから発毛効果が期待することができる、という 緩やかさを持っているので、副作用についても同様のことがいえる育毛剤となっています。
手軽に手に取ることができる分、成分面から効果については穏やかではあるものの、副作用などのリスクがあまり高くない アイテムであるということがいえます。


3、育毛剤はどのくらい使えばよいのか?

まず、髪の毛にはヘアサイクルと呼ばれるものが存在します。
このヘアサイクルは、成長期→退行期→休止期というサイクルで成り立っているもので、 それぞれの期間にも違いがあることが特徴的な部分でもあるといえます。
成長期はだいたい3年~7年といった、かなりの期間があり、退行期は3週間程度、休止期は3か月程度となっているようです。
(特に成長期においてはそれなりに差があるようですが・・・)
このサイクルを意識して、しっかりと育毛剤を使うことでより効果が期待することができるとも言われています。

特に、育毛剤を活用する際には頭皮マッサージをすることで血行不良の改善を目指すことができるので、それにより 育毛剤の成分と併せてより頭皮環境の改善へもつなげることができるので、より効果を期待することもできるようになると思います。
ですがだからといって、育毛剤を使えば短期間ですぐに効果を実感することができるというわけではなく、やはり数か月程度から半年程度の 期間をみて、じっくりと育毛剤を使ってケアをすることが大切なのです。
このように一定期間は育毛剤を使用するということになるので、しっかりと育毛剤の使用期限にも気を付けて育毛剤を 使うようにするという点も忘れずに意識しておきましょう。


4、育毛剤のメリット

育毛剤のメリットはとにかくたくさんあります。
育毛剤の種類にもよるのですが、特に発毛効果や薄毛に対しての効果が期待できるものだと思っている方も多いかもしれません。
ですが育毛剤に配合されている成分によっては直接このように髪の毛に対しての効果への期待だけではなく、頭皮環境や血流効果を期待することができる 有効成分が配合されている育毛剤もあるようです。

特に男性は男性ホルモンの影響による薄毛が気になる方も多いようなので、そういった方こそ、しっかりと育毛剤を活用してケアをする 生活を送ってみることをおすすめします。
通販で販売されている医薬部外品の育毛剤なら、手軽にネットで購入することができるのはもちろんのこと、それだけではなく返金保証制度が ついている育毛剤も多いので、初めての方でも万が一副作用が出てしまった際にはこの返金保証制度を活用すればいいので安心して 購入することができるのではないでしょうか。
とにかくこのように、育毛剤のメリットは手軽に購入することができ、さらには自宅で自分でケアに取り組むことができるということが あげられます。
これだけ手軽に自分でスタートさせることができるのですから、悩んでいるだけではもったいないですよね。


5、育毛剤のデメリット

育毛剤はメリットだけではなく当然ながらデメリットも少なからず存在します。
やはり育毛剤は、すぐに気になる髪の毛の悩みを解決することができるような即効性を感じることができるアイテムではありません。
ですからある程度の期間はしっかりとコツコツケアを続けることが大切です。
またそれだけではな中には、手に取った育毛剤の成分が合わないことから副作用が出てしまう場合もデメリットとしてとらえることができます。

中には、育毛剤を使い始めて初期脱毛という症状が現れる方もいるかもしれません。
育毛剤を使い始めて、初期脱毛の症状が出てきて抜け毛が気になる状態になってしまい、悩む場合もあるかもしれませんが、 良い方向での脱毛の場合はしっかりと育毛剤の効果を実感することができており、一時的に抜けて薄毛になってしまっている だけのようですので問題はないようです。
ですがその反面、悪い方向での脱毛の場合は、育毛剤の成分があっていないなどの理由が考えられるようですので、 その際は仕様を中断し、病院に出向くなどの対処をとることが大切となるようです。
この初期脱毛ですが、髪の毛が細いタイプの方や頭皮に皮脂がかなりあり、べたついている方なども起きやすいようなので、 自分が初期脱毛になりやすいかどうなのかもチェックし、使用するのも大切だといえます。














Copyright (C) 育毛剤ランキング. All Rights Reserved.